何でも一番がいい

girl-410334_640
渋谷でお金を気にせず遊ぶには、どれだけお金があったらいいだろう。
それも、あんまり苦労せず、あんまり拘束されず。そんな仕事ないってわかっていても
若かったので、考えずにはいられなかった。
そこで軽い気持ちで入った、渋谷のデリヘル店。ソープじゃなければできるかな、という感覚。
仕事は超ハードだった。いろんな人を相手しなければいけないのはもちろん、
コミュニケーション能力もないと、次の指名はもらえない。若くてちょっとかわいいくらいなら、
最初の1か月でもうネタ切れ。売れてる子はお客さんに気に入られるためできることは何でも
やってた。メール、ちょっとしたプレゼント、行為よりも相手を思いやっていることを
伝えるのが一番効くのだ。負けず嫌いの私は努力で何とか一番になった。何の仕事でも一番になりたい。
お客さんもたくさん抱えていたけれど、目標達成したのでその日に辞めた。
今では、その時の経験を活かして小さい会社を渋谷で経営している。
たまに、あの時のお客さんたちの顔を思い出す。
また会えるといいね。